男の人の代表的な性病はこちら

男性が注意したい性病は、淋病クラジミアHIVが代表になるでしょう。

 

淋病とクラジミアの特徴としてパートナーの自覚症状がない場合が多いので、知らぬ間に感染してたことも多いです。

 

しかしクラジミアの感染を放置してしまうと、前立腺炎だけではなく、副睾丸炎や肝炎、そして賢炎になる可能性があります。

 

尿道に違和感を感じる事や膿が出てきたり、放尿時に痛みを感じる事もあります。

 

また痒みを感じることもありますが、発熱もありますので尿道が痛く微熱が続くようであれば、医療機関に行くのが良いでしょう。

 

淋病もクラジミアと同じく自覚症状がなく、オーラルセックスの際に感染する事があります。

 

喉の感染の場合は風邪と似たような症状ですから、気がつかない事が多いので風邪薬を飲んでも治らない場合は、性病を疑う事をお勧めします。

 

淋病とクラジミアは両方感染することがありますので、検査は全ての性病について行ったほうが良いでしょう。今では自宅で出来る性病検査もありますので恥ずかしがらずに行ったほうが間違いありません。

 

HIVウィルス感染は、免疫力を低下させていく病気です。
更に潜伏期間が数年から10年以上の期間になりますので、他の性病よりも気がつくのが遅くなる可能性があります。
パートナーが変るがある場合だけではなく、ある程度の遺憾で定期的に検査を行なう事をお勧めします。
エイズとして発病した場合は完治させる薬がまだありませんので、エイズの発症を遅らせる治療を施しますが、HIVウィルスを持っている場合は、パートナーに感染する可能性がありますので、注意しましょう。