クラミジア概要説明

性病の中で最も感染者が多いとされているクラミジア、この名前を聞いた事がある人は多いと思います。

 

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌が体内に入り込む事で感染するのですが、特に10代後半から20代にかけての感染者が増加傾向にあります。

 

厄介なのは、男女共に感染に対しての自覚症状が全く無いケースが多い事。

 

感染した女性の約80%、男性の約50%が、自覚症状が出ず気付かないままなのです。

 

そのまま放置しておくとどうなるか?女性の場合は子宮内膜炎・卵管炎・腹膜炎の発症に繋がります。又感染したまま妊娠をすると、流産や早産の可能性が高くなったり、母子感染をして新生児に悪影響を及ぼします。

 

現在の医療現場では事前に検査をしますので、実際あまり母子感染は起きていません。しかし妊婦健診を受けない人もまだまだいるので、全ての女性が安心だとは言い切れません。

 

男性の場合は尿道炎・前立腺炎・副睾丸炎(睾丸が膨れ上がる)の発症に繋がります。不妊症になるケースもありますし、治りにくい病気へと発展する恐れが十分あります。

 

そして男女共に言える事は、クラミジアに感染しているとHIV(エイズウイルス)への感染が3〜5倍になると言われています。HIVだけでなく他の性病にも感染しやすくなってしまうのです。

 

どんな症状がでるのか説明します

ではどの様な症状でクラミジア感染を疑ったら良いのでしょうか?

女性の場合は【白色・白緑色・黄色のオリモノが出る】【オリモノが臭い】【オリモノに血が混ざる】【生理でもないのに出血する】【性交渉中の激しい痛み】【生理痛が酷い】【下腹部の痛みや違和感】です。

 

男性の場合は【排尿時に痛む、しみる】【透明、又は乳白色の膿が出る】【下腹部、内ももの鈍い痛み】【睾丸の腫れ】【睾丸・股間の激痛】です。

 

以上の症状が当てはまる人は、一度病院でクラミジアの検査を受けましょう。

 

今は自宅で検査ができる検査キットも販売していますので、恥ずかしい人はそちらを利用する手もあります。

 

もしクラミジアに感染していた場合、病院で適切な治療を行いましょう。男女共に主な治療方法は、クラミジアに有効な抗生物質を1日〜7日間飲む事です。

 

炎症がひどくて腹痛や発熱がある場合は、点滴による治療が必要になることもあります。

 

ここで注意事項ですが、治療後に再度検査を行う事です。必ず結果が「陰性」になっていることを確認し、医者に「完治」と言われるまでは治療を止めないで下さい。

 

もしも結果が「陽性」ならば、抗生物質の種類を変えて再度治療します。

 

「陰性」結果が出るまでは治療を行い続ける必要があるのです。

 

そしてパートナーがいる場合は、相手も検査・治療する事が大切です。

 

相手が治療を行わない場合、お互いが感染し合っていつまでも完治しません。自分がクラミジアに感染した事を話し、一緒にに治療しましょう。