コンドームをつければ性病にならないは勘違い!?

性病に感染する可能性のある行為は、コンドームなしのセックスだけだと思っている人が結構多い様ですね。

 

しかしこれは大間違い!

 

オーラルセックスでの性病感染も大いに可能性があります。

 

まずオーラルセックスですが、簡単に言えば口で相手の性器を刺激して気持ち良くさせてあげる行為です。

 

口でと言いましたが、口の中の歯や唇や舌やのど等の口腔内の“部品”を使用して、相手の性器を刺激する性行為です。

 

 

良く雑誌などでは愛撫とか前戯とかで表現されており、女性が男性の性器を愛撫する「フェラチオ」、男性が女性の性器を愛撫する「クンニリングス」、肛門を愛撫する「アニリングス」「リミング」があります。

 

 

これらの行為はセックスをする前戯として行う事が今や一般的で、むしろこの行為なしにいきなりセックス本番となると、相手が興ざめしたりセックスの相性が合わない感じがしてギクシャクした関係に成りうる事だってあります。

 

しかしオーラルセックスは直接相手の体液に接触することになる行為ですので、性病の原因になるのです。

 

感染パターンは2パターン

オーラルセックスによる性病感染ですが、『する側』と『される側』の、2パターンがあります。

【性器・肛門から口腔への感染】

フェラチオやクンニによる咽(のど)への感染で、クラミジア・淋病・カンジダという病気が主です。クラミジアの症状はのどの奥に腫れや痛みが感じられ、熱が出る事もあります。この症状は風邪の症状とよく似ていますので、性病との判断を受けるまで時間がかかる事があります。淋病はのどの奥に腫れや痛みが出ますが、自覚症状が無い場合もあります。カンジダは口の中が炎症を起こしたり、口内炎ができます。

【口腔から性器・肛門への感染】

性病に感染している口や舌を使ってフェラチオやクンニリングスをする事で、相手に性病がうつる事があります。性病に感染している女性がフェラチオをする事で男性の陰部に異常が出たり、性病に感染している男性がクンニリングスをする事で女性の陰部に異常が出ます。良くあるのが、ヘルスやソープランド等の風俗で相手からフェラチオのサービスを受けて、性病がうつる場合です。淋病(淋菌感染症)・クラミジア・性器ヘルペスという性病を発症する事が多いです。一番良いのはそのような場所に行かない事ですが、オーラルセックスでもコンドームの使用を徹底する事です。

 

ここで一つ、風俗嬢が行為の前にイソジンでうがいをしているから性病防止になっているという話を聞いた事があります。しかしこれは全く意味のない事です。うがいで性病は予防できませんから。

 

感染に気付かないまま予防をしない事で、感染者はどんどん増えていきます。特にクラミジアは症状が出にくいので要注意です。予防が万全ではない方、自分の行為に思い当る事がある方は、まず検査をしてみて下さい。早期発見と早期治療が重要です。