料金って一体いくらかかるの?

性病検査を受ける事になった際、気になるのが費用です。

 

手持ちのお金よりも以外に高額な料金が発生したとなれば「つけといて」とも言えません。

 

最近の病院はカード払いが可能なのでそこに頼る手もありますが、やはり相場を知っておけば気持ちに余裕が生まれます。

 

ここでは病院で性病検査した際の料金と、最近流行りの検査キット利用時の料金の2種類の相場を、ざっと比べてみたいと思います。

 

病院での性病検査に興味がある人も検査キットが気になる人も、どちらも参考にして頂きたいです。

 

病院での性病検査の料金

まず病院で性病検査の診察をした際の料金ですが、基本的に健康保険が適応されるので、通常料金の3割負担で検査を受ける事ができます。
但し性病の自覚症状が無い場合は保険適応外となり、検査費用が全て実費となる可能性があります。この辺の注意も必要です。

 

費用の内訳ですが、診察料+検査費用+治療費です。

 

診察料ですが、最初は初診料として健康保険の割引きに関係なく2,700円支払う事になります。
ここからは検査費用で、おおよそですがHIV検査なら5000円〜10000円、梅毒検査の場合は3000円〜7000円、クラミジアの場合は7000円〜12000円程度が費用の目安となっています。

 

しかし性病の恐れがある場合、1つだけの検査で済むことはまずありません。複数の検査を受ける場合は料金が加算され、2万円〜3万円程度の出費となる事を覚えておきましょう。

性病検査キットの料金

検査キットを使用した際の料金ですが、検査キットの費用のみかかりますので、初診料や検査費用は別途必要ありません。

 

1項目のみの検査だと3,000円〜で、最大の10項目以上の検査では2万円程度となっています。

 

別途料金の必要性がないだけでも割安ですし、各性病キットのサイトを見れば分かるのですが、価格が明確で追加料金の発生もありません。

 

キットの値段・郵送料金・検査費用・結果報告の郵送物代金など、購入の際に最初に払ったお金に全て含まれています。
これ以外で必要となるお金は一切かからないので、検査を依頼する前から料金の不安は無いと言っても良いと思います。

 

この事から、わざわざ病院に出向いて名前が知れ渡り、なおかつ恥ずかしい経緯を説明して先生の話を聞くといった行為をしなくても良い、検査キットに人気が集中している様です。確かに安くて安全安心、しかも頼れるならば病院よりも心強い味方ですよね。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ