HIV=エイズは間違っています

HIVと聞くと、すぐに浮かぶのがエイズだと思います。

 

どうしてもHIVとエイズは混同して使われてしまいがちですが、まずHIVとは“ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus: HIV )”という名称で、人の免疫細胞に感染し免疫細胞を破壊して、後天的に免疫不全を発症させる『ウイルス』です。

 

ざっくり言うと、人の病気に対する抵抗力を不完全な状態にしてしまうウイルスです。

 

 

エイズとは“後天性免疫不全症候群(Acquired Immunodeficiency Syndrome:AIDS )”という名称で、HIVウイルスが免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のこと、つまり『病気』です。

 

こちらもざっくり言うと、生まれつきではないのにある時から少しずつ免疫がうまく働かない状況になり、結果色んな症状が出てくる病気です。

 

 

この時に誤解してしまうのがHIV感染=エイズという考えです。

 

確かにHIVというウイルスによって引き起こされる病気がエイズですから、全く関係ないとは言えません。

 

しかしHIVに感染したからいきなりエイズ患者になる訳ではありません。

 

 

HIVに感染したことによって病気に対する対抗力が機能しなくなり、何らかの病気になったしまったことが確認された時にはじめてエイズ患者として認定されるのです。

 

 

HIVに感染してエイズを発症する前の段階では、エイズ患者とは言いません。

 

HIVキャリアと呼ばれ、HIVキャリアがエイズを発症するまでは全く治療していない場合でも10年以上の年月がかかることもあります。

 

更に近年では抗HIV治療薬による治療によって、HIVの増殖を防ぐことが可能となりました。

 

 

これでエイズを発症せず、長期間健康なHIVキャリアとして生活できる人も増えているのです。

 

逆にエイズ発症後の治療は困難を極めます。数年延命する治療はありますが有効だとは言えません。

 

発症の症状といては発熱・下痢・寝汗・倦怠感・リンパ節の腫れ・体重減少という症状が現れ、持続します。免疫機能の低下によって、普段健康な人ならかからない日和見感染症や悪性腫瘍ができたりします。

 

つまり免疫機能が低下しているのでどんな病気にもなり深刻な状態になってしまうのです。そしてこの段階で病院に行き初めてHIV感染が確認され、エイズが発病したと診断されるケースが増えているのです。

 

ここで問題なのはHIVに感染しているのにも関わらず気付いていない人です。自覚症状がなくてもHIVを人に感染させる可能性がありますので、性行為には十分な注意が必要です。しかし日常生活においての感染はなく、例えば同じトイレを使ったり一緒にお風呂に入っても問題ありません。この辺りの誤解がまだまだ解けないのが、HIVへの認識の課題だと言えるでしょう。

 

もしも2週間位インフルエンザのような風邪の症状がでているとか、喉の痛み、頭痛など身体の異変を感じたら、又身に覚えがあったら、HIVの検査を受けましょう。結婚前にパートナーと一緒に検査をする人が増加しているのも良い傾向です。

 

 

自宅で簡単エイズ検査はコチラ