お金が心配の方は保健所で行うことをお勧めします

もしも性病の心配がある場合、早めに専門の機関を受診して陰性か陽性かはっきりさせなければいけません。

 

そしてどんな性病にかかったのか認知し、速やかに治療する事が義務といえます。

 

まずは検査しなければ始まりませんが、どの様な機関で検査できるのかを知っておく必要があります。

 

性病検査の方法は3つ、@病院での検査 A保健所での検査 B通販での検査キッド です。

 

@の病院とBの検査キッドは料金が発生します。しかし、Aの保健所での検査なら無料で受ける事ができます。

 

ですからお金の心配から性病検査を躊躇している人は、保健所での検査をお勧めします。

 

「でも人に知れたら恥ずかしいし・・・」という方々も多いですが、匿名で検査を受ける事が出来ますし、検査を行う際にもある程度他の人と会うことがないように配慮されている場合が多いです。

 

ただし完全にプライバシーが守られるという訳ではなさそうです。

 

保健所での性病検査の特徴

プライバシーは完全には保護されない

例えば検査結果の通知は面談で行われるため、電話での問い合わせや郵送での結果通知はできません。
実際に保健所で検査を受けた人の話によると、看護師さんと普通に顔を合わせると聞きます。
そしていきなり検査ではなくカウンセリングを行い、保健師さんと話をするケースが多い様です。
感染した経緯を細かく話さなければいけなかったり、かなりプライバシーに反する事を答えなければいけない様です。

 

検査項目に限りがある

そして保健所での性病検査の特徴として、HIV感染者の把握が業務の第一目標であり、それに伴って性病検査を同時に行います。
ですから全ての性病検査が受けられる訳ではありません。
病院や検査キッドよりも検査項目は少ないと理解して良いと思います。検査は主にHIV梅毒クラミジア淋病の検査が実施されています。また、検査は採血と採尿で行われるため、喉に感染しているクラミジアの検査は行われません。詳しくはお住まいの近くの保険所に事前確認を行い、それから検査するか否か決めるのが的確です。

 

検査日が限定されている

保健所での検査のもう1つの特徴は、検査が毎日行われていないという実状です。
1〜2週間に1回ほど実施している保健所が多く、平日しか検査が行われていないので仕事を休んで検査に行かなければいけません。
その上陽性で治療が必要となった際は、かなりの時間を治療に費やす事になります。少なからず仕事に支障が出る覚悟は必要でしょう。
しかしこれは保健所での性病検査に限った事ではありません。どの機関で検査を受けたとしても結果が陽性ならば、仕事よりもプライベートよりもまず治療に専念する事です。
そしてもう1つ、検査によっては1日の定員が決められていることがあります。この辺りも、お住まいの近くの保健所の情報を事前確認しておく必要性があります。

 

以上が保健所で行う性病検査の特徴です。メリットもありデメリットもありますので、しっかり下調べして考えて下さい。

 

 

誰にもばれずに検査をしたいなら自宅で出来る検査キットがお勧め