治療法は確立されているので早期治療しましょう

膣トリコモナスは、トリコモナスという原虫が膣内に入り込み炎症を起こしている症状のことを言います。

 

 

男性女性ともに膣トリコモナスには感染するので、性行為を行った場合、どちらか一方が感染していると、パートナーにも感染してしまいます。

 

 

性行為以外にも、下着の共用やタオルの共用、便座部分や温泉などでも感染してしまうことがあります。

 

 

男性がトリコモナスに感染した場合、ほとんど自覚症状がなく、排尿によって尿道が洗い流されるので感染確率も低いとされています。

 

女性の場合には、トリコモナスに感染すると厄介なので、膣トリコモナスという名前もついています。

 

子宮頸管や膀胱、尿道などにも女性の場合感染してしまうので、膣以外の部分に関しても注意が必要な性病となっています。

 

膣トリコモナスに感染すると、泡だったおりものが出る点が特徴となっています。

 

おりものの臭いに関しても、非常に強い悪臭のするおりものが出るようになり、感染をおりものの状態によって自覚する人が多いです。

 

膣部分が非常にかゆくなったり、痛くなったりするのも膣トリコモナスの特徴とされています。

 

 

まったく症状が出ない感染者も何割かいるので、自覚症状がなくても感染している可能性もある点には注意してください。

 

膣トリコモナスを放置しておくと、炎症が広がり、不妊症の原因になったり、早産や流産の原因になってしまいます。

 

しっかりと治療方法は確立されているので、治療を行うようにして下さい。

 

 

膣トリコモナスを自宅で検査したい方はコチラ