女性の方がなり易い性病の1つです

性病にはいろんな種類がありますが、ちょっと特別な性病に「カンジタ膣炎」というものがあります。

 

カンジタ膣炎とは、カンジタ真菌が体調の変化などで増殖して起こる症状です。

 

 

カンジタ真菌と言う聞き慣れない言葉に戸惑う人もいますが、心配いりません。この菌は元々人間の口の中や皮膚に常在しているので、私達にとっては身近な菌なのです。

 

 

通常なら何てことないこのカンジタ真菌ですが、疲れやストレス等で抵抗力が落ちると一気に増殖します。

 

そしておりものが多くなったり酷い痒みを伴う等不快な症状が起こるのです。性行為でなくても発症する事がある為に“ちょっと特別な性病”という表現をしてみました。

 

しかし性行為でうつるケースもあるという事で、性感染症の中に入っています。

 

例えばカンジタ膣炎を発症している女性と性行為した男性は、カンジタになる可能性があります。

 

カンジタ菌がペニスで増殖してしまい、カンジタ性亀頭包皮炎になります。女性と同じで酷い痒みが生じて苦労するでしょう。

 

 

しかし男性の場合いは性器が露出していることから、洗いやすく清潔に保てます。普通に治っていく事が多いです。それでも亀頭部がカサカサと白っぽくてかすがたまるようになっていたら、病院に診察して適切な治療を行って下さい。

 

 

女性の約20%が経験する特有の病気「カンジタ膣炎」ですが、先程も言いましたが疲れやストレス等で抵抗力が落ちると発症する事が多いです。

 

他にも抗生物質の服用・妊娠・月経前・ピルの服用なども発症する様です。

 

 

風邪の治療の為に抗生物質を飲んだら数日後にガンジタ膣炎になったというのは良くあるケースで、これは抗生物質で膣内の善玉菌まで除菌されてしまい、本来は一定量から増えないはずのカンジダ菌が異常増殖して引き起こるものだと言われています。

 

 

妊娠・月経前・ピルの服用による発症は、ホルモンバランスが崩れることによる膣粘液の自浄作用の低下が原因とされています。

 

 

そしてカンジタ膣炎は再発を繰り返しやすい持病なので、その都度診察するのも良いですが再発しない身体つくりをする事も大切です。

 

いちいち産婦人科で洗浄したり薬局に膣剤を買いに行ったりするのは面倒ですから、予防する努力もしてみて下さい。

 

予防する商品もあるので、一度確認してみると良いですよ。

 

 

そうそう、私事ですがカンジタ膣炎を発症した事があります(^_^.)

 

 

妊娠中の出来事でした。それはもう痒い痒い!たまらないです。

 

その際にドラックストアで皆さんご存じのフェミ○ーナ軟膏というものを購入したのですが、これはカンジダに対しては効果はありませんのでご注意を。
但し軽いかぶれ等ならこの程度の薬で治るので、最低3日くらいこの薬を塗ってみても治らない様ならカンジダを疑ってきちんと診察を受けた上で治療をしてもらった方が良いです。

 

病院の治療ですぐに効果が出ますから、恥ずかしがらずに診察を!そして、やっぱり再発しやすい様です・・・一度なるとクセになるのか(?)私は何度かカンジタに悩まされています(>_<)

 

 

自宅で検査したい方はこちら