性器に痒みが出る性病って何?

性器に痒みが出る性病は、いくつか種類があり、外見や特徴などで違いが判断できます。

 

女性の場合、おりものに特徴が出ることが多くあり、男性の場合には無自覚なこともあります。

 

まず、非常に有名な症状としてカンジダ症があります。
カンジダとは、真菌の一種であり、性器にカビが生えた状態がカンジダ症です。

 

体調が弱っている時など、身体の抵抗力が弱っていると、カンジダが多く発生します。

 

 

健康な時でも人間の体のいろいろなところにカンジダはいるので、感染や発症しないためには健康な状態を維持する必要があります。
カンジダは、白色をしており、おりものに白色がまざったり、ヨーグルト状となる特徴があります。

 

 

次に、トリコモナスも感染者が多く性器に痒みが出る性病の一つです。
潜伏期間が10日程度となっており、性器に痒みが出たり痛みが出たりします。
放っておくと未熟児出産の原因となるなど、出産時に影響が出たり、性交時に不快感が生じるなどの影響が出てきます。

 

おりものが悪臭となる特徴があるので、女性の場合そこに注意が必要です。

 

 

また、毛じらみも性病の一種と考えられています。
陰毛部分にたまごを生んで増殖するため、性交で陰毛が触れることで感染してしまいます。
陰毛を剃るなどすると、毛じらみは繁殖できなくなり、症状も収まります。

 

疥癬などのダニに関しても、性交時に感染することがあります。

 

相手の皮膚の状態が悪い時や、自分の皮膚の状態が悪い時には、性交は控えておいた方が無難だと言えるでしょう。

 

 

痒みの症状があるなら、すぐに自宅で検査