排尿時に不快感がある性病って何?

排尿時に不快感が出る性病は、クラジミア淋病トリコモナスが代表的なものとなっています。

 

まず、クラジミアは、感染すると50%の確率で排尿が困難になるとされています。
特に男性に排尿時の痛みが出たり、排尿がしにくい、不快感が生じるなどの症状が発生します。

 

 

尿道炎を起こすこともあり、非常に強い痛みが発生することもあるでしょう。
ただし、自覚症状がまったくない人もおり、知らないうちにクラジミアを広めてしまう原因にもなっています。
女性の場合には、80%程度が自覚症状がないとされており、注意が必要な性病の一つです。

 

 

淋病は、尿道のかゆみや熱っぽさが特徴となっています。
排尿時には痛みが伴ったり、出血を起こすこともあります。

 

淋病の症状が進むと、排尿するのが困難になる、頻尿の症状が出る、炎症範囲が広がり前立腺などにも影響を与えるため、早期治療が望ましいです。
男性女性両方の不妊症の原因となる点にも注意が必要となっています。

 

 

トリコモナスは、排尿時に軽い不快感や痛みが出ることがありますが、そこまで自覚症状が多くない性病です。
女性の場合には、おりものが変色したり異臭がするなどで感染を自覚することが多いです。
かゆみが発生する人もおり、性器のかゆみはトリコモナスの可能性もあります。

 

トリコモナスは、排尿時以外にも、性交時にも不快感が生じることがあるので、性交時に不快感が出た場合にも検査が必要と言えます。
その他、コンジローマなどのように、治療薬により排尿時に不快感が生じる性病もあります。

 

 

排尿に不快感があったら検査しましょう