STD研究所から新発売の咽頭検査はとても便利!

クラミジア淋病は性病ということは有名ですが、性病だから性器に症状が出るとは限りません。

 

最近はオーラルセックスが普通に行われており、いわゆるフェラチオやクンニリングスによって口やのどに感染することがとても多くなっているんです。

 

のどに感染すると、のどの腫れやのどの痛み、発熱などの症状が出現し、咽頭炎やひどくなると慢性の扁桃腺炎になることもあります。

 

中には症状が出なかったり、比較的症状が軽いこともあるため、感染をしらないまま性行為におよぶため、自分だけではなく相手にも感染させてしまうことも多いようです。

 

性器クラミジアに感染している女性の1〜2割が咽頭(のど)からクラミジアが検出されたという報告もあるくらいです。

 

オーラルセックスは今や誰しもが行う行為ですので、のどに感染する可能性は誰にでもあると思った方がいいです。
でも、症状が出ただけでは風邪かもしれないですし、ちゃんと調べるなら咽頭検査を行うのが確実です。

 

でも性病検査しに病院へ行くのは抵抗がありますよね。今は誰に知られることもなく、自宅で性病検査を行えるんです。
性病検査のSTDチェッカーは全部で27種類あり、クラミジア・淋病・カンジダだけでなく、HIVなど様々な性病に対して検査をすることが可能です。

 

中でも新発売の咽頭検査は、うがいをするだけで性病に感染しているかを判別することができ、とても簡単に検査がしやすくなっています。以前は血液を採取したり、綿棒で口の中をぬぐって組織を採取する必要がありましたが、これはうがいをしてそのうがい液を採取して送るだけです。

 

綿棒でぬぐう検査では、ぬぐう場所が一部にかぎられますが、うがい液は口の中全体の広範囲で病原菌を採取することができるので、簡単により確実に検査をすることが可能です。

 

咽頭検査の手順は本当に簡単

1:うがいの前に同封されている紙コップを組み立てます。
2:うがい液を口に含み、10〜20秒勢いよくうがいをします。
3:うがい後の液を紙コップに吐き出します。
4:紙コップから同封されているスピッツへ移します。

 

たったこれだけの工程です。あとはこれを郵送すれば、登録衛生検査所で検査が行われます。
検査は正確に行う為に所定の日数(約3〜5日)かかりますが、郵送してから約1週間で検査結果を知ることができます。

 

平日15時までに注文すれば、最短で翌日に検査キットが届くので、注文してから最短で1週間〜10日で性病に感染しているかをしることが出来ます。
うがいでののどの感染を調べるだけではなく、ちゃんと尿検査や血液検査がセットになっているものもあるので、他の部位の感染も気になる方は、そちらのキットを利用して、体中をしっかりと検査してみることもできますよ。

 

 

性行為後、風邪のような症状が出たら、もしかしたらそれは性病によるものかもしれません。
それをそのまま放置すれば自分だけではなく、相手にも感染させてしまう可能性があります。

 

 

病院へ行くことに抵抗があって検査をしない人が多いですが、だからこそ自宅で簡単に行える検査キットを利用して、性病に感染しているかどうか調べてみてはどうでしょうか?

 

 

性病検査キット購入はコチラから