おりものが臭いと感じたら?

思春期前や閉経後以外の女性なら、おりものが出ると思います。

 

特に排卵の頃、月経と月経の中間あたりには、おりものの量が増えます。

 

これは至って普通の事で、卵胞ホルモンの分泌が多くなるからです。量が増えるだけでなく、粘り気のある白濁色、あるいは黄色がかったおりものが多く分泌される事もあります。

 

おりものシートをこまめに交換したり、下着を替えるとスッキリします。

 

おりものが多いと、臭いを気にする女性がいます。

 

場所が場所だけに蒸れますから、夏場は少々臭う事があるかもしれません。臭いをかぐと分かるのですが、すっぱい臭いがします。これは空気にふれて酸化した為で、決して病気ではありません。あまり神経質にならない方が良いです。

 

 

一方で、おりものが異常に臭うケースがあります。異常というのはどのくらい臭うのかと聞かれると難しいですが、いつもの臭いと違うと感じたら要注意です。

 

同時におりものの状態も変わっている事が多く、総合的に見て異常かもと感じたら性病を疑った方が良いでしょう。ここではおりものが臭い時に疑う性病を挙げていきます。

 

疑うべき性病は?

膣トリコモナス症

泡状で、かなり悪臭のあるおりものが出るのが特徴です。主に膣性行で感染しますが、性行経験のない女性や幼児の感染も有り得ます。この際の感染経路は下着・タオル・便座・浴槽などです。ウイルスではなく、トリコモナス原虫の寄生が膣や膀胱に侵入し、炎症を引き起こすという性病です。もしも自覚症状がある場合は、早めに医療機関へ受診して下さい。

カンジタ症

悪臭の他に、ポロポロとしたチーズ状のおりものが出る事があります。カンジタ症は、カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因となって起こる病気です。性交渉で感染しますが、風邪や疲労などで免疫力が低下した場合や、妊娠中でも症状が出る事があります。強い痒みを伴いますので、医療機関に受診して処置を受けたり薬を処方してもらって下さい。

クラミジア

おりものの増加や下腹部痛、不正出血、性行為の際の痛みなどが挙げられますが、同時におりものから悪臭がする事もあります。男性の場合クラミジアに感染しても、自覚症状が現れにくいのが特徴です。そのまま感染を広げてしまう事が多く、国内でもクラミジア感染者は増加しています。自分がクラミジアに感染しているのかそうでないのか、見極めが難しいです。いきなり病院に行く気になれない人は、ネットで検査キットを取り寄せてみるのも手です。

 

性病以外でも、膣に何らかの細菌が感染したことによっておりものの臭いが強くなる、という病気もあります。常におりものの状態に気を配り、チェックを怠らないで下さい。逆に少しの臭いで異常に気にする女性もいますから、病院で問題ないと言われたら気にし過ぎない事です。

 

臭いを気にしてトイレのウォシュレット機能を頻繁に使いすぎると、清潔どころか常在菌をダメにしてしまって雑菌の繁殖を援助する事にも繋がります。
神経質になりすぎない事も重要です。

 

 

性病検査キットで内緒で検査