疥癬の痒さは尋常ではありません

疥癬はかいせんと読み、疥癬中のヒゼンダニに感染することにより発症する病気のことをいいます。
割合としては低いですが、性行為によって感染することもあるため、各メディアにおいて性病として扱われていることが少なくありません。

 

性行為をした際の感染の他、洋服や布団などを介して感染することもあり、感染力が非常に強いため、ヒゼンダニがいる環境下では疥癬が引き起こされるリスクは非常に大きいといえるでしょう。

 

 

性病の疥癬にかかった場合、男性・女性共に非常に強いかゆみの症状に悩まされます。
性器だけでなく、症状は様々な部位に及ぶこともあるのです。
また、赤いブツブツやミミズ腫れ様の発心が多数が発生するのも疥癬の特徴です。

 

 

疥癬は自分だけがかかっているのならまだしも、他の人にうつしてしまう可能性があるのが厄介なところです。
症状を自覚した場合には病院を訪れ、適切な治療を受けることが感染を拡大させないためにも大事といえるでしょう。

 

 

皮膚科で検査を受けた結果、疥癬に感染していることが分かれば、早速そのまま治療を受けることになります。
治療方法としては軟膏を塗布する他、洋服や布団が原因となっている場合には、殺虫剤を使うことでヒゼンダニを撃退します。

 

 

原因であるヒゼンダニの生息していない環境が整い、かゆみや発疹といった症状が治まったあと、医師がこれ以上の通院は必要ないと判断すれば、疥癬の治療は終了です。
あとは再び感染することがないよう、注意しながら日常生活を送っていくと良いでしょう。