性病検査|チェックしときたい性病

性病にかかってしまったとの疑いがあった時、すぐには性病と認めたくはないものですよね。ですが、性病は放置しておくと不妊症などの重篤な症状に繋がってしまう可能性もあるんです。

 

 

症状があり、性病感染が思い当たるようなことがあれば、速やかに性病検査を受けることをおススメします。

 

 

性病検査をするにあたり、チェックしておいた方がよい性病とはどんなものがあるのでしょうか?

 

性病は様々な種類がありますが、その中でも代表的なものはクラミジアカンジダ淋病などがあります。それぞれの症状や特徴は以下の通りです。

 

クラミジア

クラミジアは性病の中で最も広まっている性病です。
日本では約100万人が感染しており、最近では若い女性の感染例が多くなっています。クラミジアは高い感染力が特徴であり、1回の性交渉によって感染してしまう確率はなんど5割を超えるといわています。つまり、クラミジアに感染している人と性行為をした場合、2人に1人が感染してしまうという、とても感染力の強い性病です。クラミジアの症状は、男性の場合は小便をする際に痛みを伴う、排尿痛がみられたり、尿道から膿が出るなどがあります。
重篤化すると、尿道から感染が広がり、前立腺炎や腎炎などにつながってしまうことがあるため注意が必要です。
女性では自覚症状が出にくく、感染に気がつかない例が多いです。感染に気がつかずに放置してしまうと、子宮内膜炎や卵管炎などを引き起こし、不妊や流産・早産の原因となってしまうこともあります。男女共通の症状としては、フェラチオやクンニリングスにより、のどに感染することもあります。のどに感染すると痛みや痰が出るなどの、喉風邪に似たような症状がでます。

 

カンジダ

カンジダは真菌によって引き起こされる性病です。カンジダはもともと人の体内に存在している菌ですが、疲れやストレスなどで体調が悪くなると、カンジダが原因で皮膚の炎症やかゆみなどの症状が起こります。カンジダはカビのようなものですので、湿度や温度が高いところに症状が出やすくなります。症状としては、男性の場合は亀頭や陰茎にかゆみなどの症状が起こりますが、女性に比べて症状が出にくいです。女性の場合は、性器周囲にかゆみなどの症状や、白濁したおりものの量が増えるなどの症状や、性行為の際に疼痛を伴うことがあります。

 

淋病

淋病とは、淋菌が原因の性病で、とても感染力の高く、感染率は約3割とクラミジアに次いで多いです。クラミジアも同時に感染することが多いといわれています。症状は男女ともにのどや目や直腸に感染します。男性の場合は、小便をする際に強い痛みを伴いますが、人によって症状が出ないこともあります。放置していると淋菌が体内に残存することにより、そこから炎症が広がり、無精子症となってしまうこともあります。女性の場合は、膣や子宮に炎症がおきたり、生殖器周辺の異臭やおりものが増えるなどの症状があります。しかし、8割以上の女性に自覚症状がないことで有名です。放置すると男性同様に淋菌が体内に広まってしまし、子宮外妊娠・不妊症などに繋がってしまいます。

 

 

上記の3つが性病の代表格です。症状は喉の痛み・痰の増加などの風邪に似た症状や、排尿痛生殖器のかゆみなどの炎症症状です。これらの症状があった場合は、性病の感染が疑われるような思い当たることがあれば、甘く見ずに早急に性病検査をすることをおススメします。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ