子宮頸癌の検査は恥ずかしがらずに必ず行ってください

先日、子宮頸癌の無料クーポンが自治体から届きました。私が住む自治体では、35歳以上になると自治体から子宮頸癌検査を勧める用紙が届きます。

 

検査をするしないは本人の自由ですが、せっかく無料なのでクーポンを持って近くの産婦人科に行ってきました。

 

問診票に必要事項を記入し、いよいよ内診です。子供を2人も産んでいるくせに、どうもあの内診は好きになれません。

 

身体が強張ってしまいました。こんな感じで検診が終わり、後日結果を聞きに行きました。結果は陰性という事で安心しました。

 

 

子宮は女性にしかない臓器の1つであり、子宮の入り口付近(子宮頸部)に出来る癌を子宮頸癌といいます。

 

 

子宮頸癌は女性特有の癌だと言えます。以前は発症のピークが40〜50歳代だったのが、最近は20〜30歳代の若い女性にも増えています。
毎年約10,000人が発症すると言われている程で、女性が発症する癌の第1位となっているのです。

 

 

子宮頸癌の初期は自覚症状がほとんどないのが厄介です。自覚症状がないまま癌が悪化し、最悪命に係わる事態となります。
命に別状がなくても子宮や子宮周辺の臓器を摘出しなければならない事もありますし、後遺症が残って仕事や生活に影響する事もあります。失うものが多く、絶望してしまう女性も少なくありません。

 

 

そして子宮頸癌を発症した女性の中で、差別的な扱いを受ける事も少なくありません。
何故なら子宮頸癌はセックスが原因との見解があるからです。

 

 

しかも不特定多数の男性とのセックス経験がある女性は、その分子宮癌発生リスクが高くなるという事実もあります。

 

子宮頸癌は性病か?

それなら子宮頸癌は性病だと断言して良いのでしょうか?この質問には色々な答えが飛び交います。正確には子宮頸癌は性病ではないのですが、セックスからウイルス感染での原因が多いと言う意味で『性行為感染症』と言われています。

 

 

セックス経験者なら誰でも発生する可能性のある病気という事から、やはり性行為との因果関係が深い事は間違いありません。子宮頸癌は、子宮にウイルスが侵入して発症します。

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)はごくありふれたウイルスで、セックス経験者は皆感染する可能性があります。
しかしHPV感染と子宮頚がんは深い因果関係がありますが、HPV感染=子宮頚癌ではないです、別モノですので性病ではありません。

 

 

また稀ではありますが(原因の99パーセントがこのHPV感染だと言われています)、HPV感染していない人も子宮頚がんになります。どうしても子宮頸癌=性病という情報が飛び交ってしまい、子宮頸癌患者が好評しづらい事態になってしまっています。

 

 

子宮頸癌を防ぐ為、又HIVなどの性感染症を防ぐ為にも、特定のパートナーとだけ性行為をしましょう。

 

 

前もってパートナーと検査をする事をお勧めします。私自身、子宮頸癌の検査は自治体の無料クーポンで行いました。個人的に産婦人科を訪れて自費で子宮頸癌検診を受ける場合、3,500円〜6,000円の費用が必要です。他の方法として、ワクチンの接種です。

 

 

性交渉未経験である11〜14歳の女性に子宮頸癌のワクチンを接種すると、予防効果が高いと言われています。しかし性体験のある15歳以上の女性であっても、HPVワクチンには一定の効果があるという論文も注目されているそうです。

 

 

HPVワクチン接種は保険適応外ですので、医療機関によって差があるものの、3回合計で約50,000円程掛かります。勿論高額です。

 

 

しかしワクチンと定期的な健診で、子宮頸癌に苦しむ女性がぐっと減る事は明らかです。せっかく予防出来る癌なのですから、子宮頸癌の知識をしっかり持って対応しましょう。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ