おりものの異常は性病の可能性大です

女性が性病に感染すると、性器周辺に異常が現れる事が多いです。

 

他にも発熱や腹痛などの体調不良や、オーラルセックスで感染した場合だと口唇や口腔内に異常をきたします。

 

これら以外の多くは性器周辺の異常で、性器周辺の痛みや痒み性器周辺のイボ排尿時の痛み、性行時の痛み、おりものの色の変化、おりものの量、血が混じる、悪臭、おりものがチーズ状になる等が挙げられます。

 

これらの例から分かるのは、女性の性病とおりものの変化はかなり密接な関係性にあるという事です。

 

女性にとっておりものは、健康のバロメーターとも言われる程なのです。

 

おりもの役割とは?

そもそもおりものとは何でしょうか。女性ならおりものを経験した事がある、又は毎日経験しているという人がほとんどだと思います。女性の膣口から性交渉中以外の時に出てくる粘り気のある液体の事を言います。おりもののせいで下着は汚れるし、おりものが多い日は濡れた感じが不快感になります。おりものシートを毎日交換していても、下着まで染みてしまう事もあります。この様にとてもネガティブな印象が強いおりものですが、おりもののお蔭で自浄作用が働き、細菌が膣内で繁殖するのを防いでくれている事を知っておいて下さい。又精子をおりもので包み込む事で、卵子までの移動をサポートしてくれる役割も担ってくれます。おりものは女性にとって大切な働きを担ってくれているのです。

 

女性が感染する性病の中では、このおりものが変化するケースが多いです。中でも色が変化した場合は要チェックだと思って下さい。

 

 

膣カンジダ症・・カッテージチーズ状のボロボロした白濁色のおりものが増える。
トリコモナス膣炎・・泡が混じった黄色や緑色の生臭いおりものが増える。
クラミジア感染症・・臭いはないものの、白あるいは黄色っぽい粘り気のあるおりものが増える。膿が混じっている事もある。
淋菌感染症・・・黄色や黄緑、茶色がかっているおりものが増える。膿が混じっている事もある。
※細菌性膣炎・・黄緑色っぽい膿のようなおりものが続き、鼻につくような腐敗臭がする。
※子宮頸管ポリープ・・ピンクや褐色のおりものがあったり、おりもの自体は透明でも血が混じっている事がある。

 

以上の病名は、おりものの色の変化で感染したか否かが分かりやすいです。おりものの量や質のチェックは勿論大切ですが、色はパッと見で分かりやすいです。あれ?と思ったらすぐに検査しましょう。

 

 

しかし、おりものの量が多いだけで性病を疑うのはちょっと待って下さい。下着に黄色いシミがついてしまったからといって、黄色いおりものが出た訳でもありません。そして少々酸っぱい臭いがした程度でイコール性病と決めつけると、毎回精神的にしんどいかもしれません。

 

 

排卵期だと自然におりものの量が増えますし、生理前にはどろっとしたおりものに変化します。おりもの自体は透明〜白色であっても、下着に付着して時間が経つと黄色に変化する事は普通です。

 

 

元々酸っぱい臭いはありますし、人間の汗と同様でおりものは個人差があります。普段からティッシュで拭いて確認するのは必要ですが、あまり思いつめない様にしましょう。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ