梅毒って聞きなれないけど何なの?

梅毒は、治療薬が発見されるまでは不治の病として恐れられていましたが、現在はペニシリンがありますので、早期治療をするれば完治する事が可能です。

 

梅毒は性行為によって感染しますが、トレポネーマと呼ばれる病原菌によって感染して行きます。

 

皮膚や粘膜などの傷から血液に入って感染し、全身に広がる特徴があります。

 

特に気をつけなければいけないのは、アナルセックスによって感染する割合が多いと聞いていますので注意しましょう。

 

口の中に梅毒感染がある場合は、オーラルセックスでも、キスでも感染します。

 

母子感染も心配される所ですが、最近では妊娠検査が行なわれていますので、先天性梅毒はほとんどないとされています。

 

梅毒の症状は?

感染をすると4期に分かれて症状が出てきますので、疑いがある場合は注意しましょう。

 

第一期

感染して3週間程度で、性器や口、肛門や指などに何国程度の固さのしこりが、小豆程度から指の第一関節程度の大きさのもが出来てきます。

 

他にも太ももの付け根などが腫れてくるのですが、放置しておくと2週間から3週間程度で消えてしまうので、見逃しがちですから注意しましょう。

 

第二期

三ヶ月程度経った後に病原菌が全身に広がりますが、ピンク色の円形のあざが顔や手足に出来てきまして、小豆ていどのブツブツの赤茶色の大きさのものが出来てきます。他には脱毛症状もありますが、第一期と同じく自然に消えてしまい、そのあと症状もありません。

 

第三期

しこりが出来てきて、結節性梅毒疹やゴム腫と呼ばれるものが出来てきます。

 

第四期

末期症状で、心臓や目、あるいは血管や神経に重い症状があります。

 

 

近年では治療がすすんでいる事もありますので、第三期や第四期まで行く人はほとんどいないとされています。

 

感染が疑われる場合は検査をする事をお勧めします。特に第一期は見逃しやすいので注意しましょう。

 

 

梅毒の検査を自宅で行いたい方はコチラ