性器周辺の発疹や水泡は性病を疑うべきです

性器周辺に発疹が出来るケースは結構あります。女性なら下着の蒸れ、性行為の際に陰部が擦れて肌がただれ、発疹が出来る事は男女共にあります。

 

この際は市販の軟膏で症状が緩和されますし、病院でも軟膏が処方される程度で終了するでしょう。

 

しかし発疹のみならず水泡となると話は深刻です。性病の可能性が色濃くなります。早めに検査し、陽性なら病院で適切な処置をしましょう。

 

勿論パートナーがいれば同行して検査するべきですし、その間の性的関係はNGです。

 

ここからは、性器周辺に水泡が出来る性病を挙げていきます。

性器ヘルペス

水泡という症状で当てはまる代表的な性病として、性器ヘルペスが挙がります。男女共に発症する病気で、性器やおしり周辺に水泡の様なものができます。それが破れるとただれたような状態になり、強い痛みに襲われます。女性が初めて感染した場合は、排尿できない位の強い痛みになるそうです。細かく言うと、男性の場合は鬼頭や陰茎を中心に太腿やお尻、肛門周辺にヒリヒリした痒みを感じます。その後小さな発疹や水泡が出て、水泡が破れるととても痛みます。女性の場合は外陰部をはじめ膣の入り口、お尻、子宮頚管や膀胱に水泡が出来ます。こちらも水泡が破れるととても痛く、女性の方が耐え難いそうです。性器ヘルペスだけでなく、オーラルセックスで口に感染してしまう事も珍しくありません。

 

この場合口腔ヘルペスという病状となり、唇周辺が赤く腫れます。その後水泡ができ、破れて液体が出てきます。かさぶたとなり自然治癒するのですが、この間はオーラルセックスやディープキスを避けて下さい。
性器ヘルペスと診断されたら、速やかに治療を開始して下さい。男性なら泌尿器科、女性なら婦人科での治療となります。性器ヘルペスは、ウイルスを完全に除去する事が出来ません。従って症状を和らげる治療となります。男女共に非常にポピュラーな性病ではありますが、再発率が高く、一度性器ヘルペスを発症したら常に再発に気を使って生活する事となります。厄介な病気です。

 

カンジダ症

カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因となって起こる病気であり、パートナーから感染することもありますが、もともと人の体内にある菌とも言われ、他の性病とはちょっと違ってきます。男性の場合性器にカンジダ菌を保有していても症状がほとんど出ず、女性の方が陰部の痒みやただれ、ヨーグルト状のおりものの増加など、症状が躊躇に出ます。しかし男性側に症状が出た場合、鬼頭に小さな水泡が出る事があります。そしてそのまま症状が治まっていきます。

 

HIV

性器周辺に水泡が出る性病とは少々違ってきますが、HIVに感染している人の中には、身体に帯状の疱疹が出る場合があります。そして治りません。本来身体に帯状の疱疹が出るのは高齢者に多く見られ、体力低下や免疫力が衰えるのがその原因です。しかし若者で帯状疱疹が発症し、しかもいつまでも治らない場合は注意が必要です。エイズ発症前の数ヵ月から数年前に帯状疱疹になっている場合も多いです。HIV感染者の場合、帯状疱疹の他に寝汗や発熱、リンパ節の腫れ、食欲低下、倦怠感、下痢や咳といった症状も合わせえ見られます。検査するのに恐怖を覚える人もいますが、早期発見、早期治療が有効となります。HIVは保健所でも検査できますので、身に覚えのある人は今後の為にも検査して下さい。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ