細菌性膣炎って知ってますか?

細菌性膣炎とは、女性なら誰でもなる得る病気です。病気というと怖く思えますので、症状と言った方がやんわり聞こえて受け入れやすいかもしれません。クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダなどは、特別の菌が原因で身体に症状が出ます。

 

 

一方で細菌性膣炎の場合は、普段体内にいる菌が腟内で過剰に繁殖し炎症を起こしたものです。

 

 

健康な女性の膣内は強い酸性で保たれているのですが、免疫力低下や膣洗浄のしすぎなどで膣内のPH(ペーパー)バランスが崩れ、細菌が繁殖しやすくなります。月経時にも起きやすく、特に妊娠初期の妊婦さんは要注意です。

 

 

ホルモンの影響などで細菌性膣炎になりやすく、その数値は約20〜30%と高めです。STD(性病)と決めつける事はできないものの、セックスパートナーが多数いる人の方がかかりやすいとの見解もあります。

 

 

細菌性膣炎の主な症状ですが、半数以上の女性は無症状で過ぎていきます。そのまま自然治癒する流れです。しかしあくまで半数以上であり、少数ですが症状が悪化してしまう場合もあります。放っておくとずっと続くので注意が必要です。

 

主な症状として、魚の生臭いにおい・灰白色のオリモノ・排尿時にしみる ・軽い痒み程度。 これらの症状が挙げられます。

 

 

魚の生臭いにおい・・考えただけで切ないですが、細菌性腟炎では悪臭があることが多いです。

 

生理後やセックスのあとでは細菌が増えるため、特に臭いが強くなります。灰白色のオリモノも特徴的なので見たら分かると思いますが、オリモノって黄色っぽかったり白っぽかったり、何となく黄緑色がかっていたりと、個人差があります。なので色だけで判断するのはちょっと難しいかと思います。

 

 

膣内の炎症が強い場合には、排尿時におしっこがしみて痛みを感じます。膣入り口付近で痒みを感じる事もあります。しかしこれらの症状は細菌性膣炎だけに限らずクラミジア淋病カンジダトリコモナスなどの性病にも当てはまります。

 

 

素人判別は出来ないので、性病検査をしてみるのが一番安心かと思います。

 

 

「きっと細菌性膣炎だろうから、自然治癒まで待とう☆」なんて勝手に判断し、症状が悪化したら自分が辛いです。もし性病だったら早期治療が望まれますから、この場合でもはやり早めの検査が望まれます。もう1つ、細菌性膣炎でも他の性病の場合でも、妊娠している場合流産や早産の原因にもなり得ます。

 

 

早めの検査、早めの治療、早めの完治が絶対必要なのです。

 

細菌性膣炎の治療

細菌性膣炎だと診断された場合、治療を開始しなくてはいけません。確実な治療法が存在していないのが現状ではあるものの、膣錠や飲み薬を使っての治療が一般的です。薬が効けば通常は2〜3日で症状は消えます。最初の治療の前には膣洗浄を行います。

 

 

増えた細菌を洗い流して症状を抑えるのです。診察台に上がって膣洗浄をされるのはちょっと恥ずかしいし嫌ですが、この膣洗浄を行うのは普通は初回の治療だけなので安心して下さい。もし治療のたびに膣洗浄を行うと、せっかく増えた乳酸桿菌が何度でも消えてしまいます。

 

 

その為に膣洗浄は最初の1回のみ。これならちょっぴり安心です。但し、細菌性膣炎は再発が多いのが特徴です。一度なると“癖”になってしまうのですね。この為、総合的な治療が長期間に及ぶ場合もあります。根気良く自分の身体と付き合っていきましょう。

 

 

そして冒頭で「セックスパートナーが多数いる人の方がかかりやすい」と記述しましたが、セックスをしすぎると乳酸桿菌が増える余裕がなくなるので、どうしても細菌性膣炎の症状が起こりやすいです。

 

 

また、膣内は酸性なのに対して精子はアルカリ性という違いがります。ピルを常用している女性の場合、膣内に入った精子が細菌性膣炎の原因になる可能性もあります。しかし決して感染する訳ではありません。人から感染るのではなく、セックスによって自分自身の症状として発生してしまうものです。

 

 

ですから自分が細菌性膣炎になったからといって、パートナーを責めないで下さいね。しかし細菌性膣炎の症状が出ると、他の性病に感染しやすい環境になっているとも言えます。パートナーと相談し、治療に専念するのが1番だと思います。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ