クラミジアはクラミジア・トラコーマティスが原因なんです

男性で排尿時の違和感や痛み、尿道の痒みや不快感、膿のようなものが出る場合。

 

そして女性でおりものの増加や下腹部痛、不正出血や性行為の際の痛みが感じられた場合は、クラミジア感染症という性病を疑っても良いと思います。

 

 

クラミジアはクラミジア・トラコーマティスという菌が原因で、様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

 

厄介なのが男女共に自覚症状が現れにくい事で、男性の場合5約50%が無自覚、そして女性の場合は約80%もの確率で無自覚症状となります。特に女性の症状である下腹部痛や不正出血、性行為の際の痛みなどは、健康な身体でもその様な違和感は良くあるものです。

 

 

見極めが難しく、どうしても見過ごしてしまう結果となります。では放っておうとどのような事態になるのでしょうか?

 

 

特に深刻なのが女性で、放っておいて悪化した場合上腹部までに感染し、肝臓の臓器にまで炎症が起こります。更には卵管の炎症から卵管周囲癒着などを起こし、卵管性不妊症や子宮外妊娠の原因に繋がります。

 

性病のせいで子供が産めない身体になってしまう可能性があるのです。

 

 

また母親が感染していると新生児の約20〜30%が産道内で感染し、結膜炎や新生児肺炎を起こすといわれています。子供にまで影響が出てしまったらとても残念ですし責任重大ですから、絶対に完治してから妊娠・出産をしなければいけません。

 

 

男性がクラミジア感染を放っておいた場合、尿道炎の悪化や排尿時の痛みが酷くなります。それでも放置した場合は尿道を通して深部にまで達し、前立腺炎や副睾丸炎といった症状を起こしてしまいます。

 

 

更にパートナーに感染させてしまう事になりますので、絶対に放置はいけません。

 

 

これは男女共に言える事ですが、クラミジアを放置しておくとエイズ淋病など他の感染症に感染しやすくなります。感染率が3〜5倍にもなると言われており、クラミジアを疑ったら他の感染症の検査も併せて行っておくのが基本となっています。

 

クラミジアかも?と思ったらどうすればいいの?

ではクラミジアに感染した疑いがある場合、どうすれば良いのでしょうか。まずはとにかく検査をしてみましょう。病院で検査する場合は性病科や泌尿器科、のどに感染したら耳鼻咽喉科で検査が受けられます。

 

 

女性の場合は婦人科でも検査可能です。料金は大体3,000円〜が一般的だと言われています。どうしても人に見られたくないのなら、性病検査キットを通販で購入するのが無難です。

 

 

インターネットで購入し、分泌液などを自分で採取、そして郵送します。国の認可を受けた登録衛生検査所で検査されるので確実性は高いですし、結果は郵送でもネット上で確認でも大丈夫です。

 

 

クラミジア単体なら3,000円〜が一般的です。お金をかけたくないから保健所で検査してもらいたいとう人もいますが、ほとんどの保健所でクラミジア単体の検査は行われていません。

 

 

HIV検査と同時検査が条件となっています。この機会にHIV検査をしておいても損はありませんから、思い切っていくつか検査しておいても良いでしょう。

 

 

 

陽性と診断された場合、治療に移ります。クラミジアは抗生物質を飲むと完治するので、性病の中では比較的治療が楽です。
だからといって完全に菌が消滅したとは限りません。クラミジア・トラコーマティス菌が再発する可能性も考慮して、治ってから2週間後には再検査を行うことが必要となります。

 

 

 

そして片方が完治したからといって安心するのはまだ早いです。相手が感染していると“ピンポン感染”といって、再発を繰り返す事になり兼ねません。パートナーが感染していると約50〜60%がクラミジア感染症を起こすと言われていますから、ペアで検査して陽性なら一緒に治療、そして完治させましょう。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ