淋病を簡単に説明します

淋病は、淋菌に感染する事で起きてきますが、近年若い男性を中心に患者が増えているそうです。

 

オーラルセックスを行う人が増えていますので、喉に感染している人から性器へ感染する場合もありますし、喉から喉に感染する事もあるでしょう。

 

細菌の自体は弱いですが、感染ルートは性行為だけだとされています。

 

淋菌を持つ人が性行為を一度行うと、30パーセントから50パーセントの感染になるようです。

 

ディープキスでも感染する可能性は否定出来ません。

 

喉に感染した場合は、風邪の症状と似ている為に風邪と勘違いしている人も多いです。風邪だと思って風邪の薬を飲んでも治りません。

 

なかなか治らないと持った時は、喉の性病を疑う事も大切になってきます。

 

性器感染の場合は、男性が尿道炎になりまして、女性は子宮頸管炎になるのですが、女性は感染している事に気が付きにくいのが特徴になるでしょう。

 

妊婦が淋病になっている場合は、感染する可能性もあります。赤ちゃんの失明などの原因になりますので、妊娠中の検査も受ける事が大切です。

 

性行為で感染することが多いのですが、公衆浴場でも感染する可能性があると言われています。

 

特に抵抗力の弱っている時には注意した方が良いでしょう。

 

淋病の特徴として男性の性器感染では、尿を排泄した時に痛みを感じる事がありますので、気が付きやすいのですが、女性は気が付きにくく感染が進むと早産や流産の原因にもなりますので、注意しましょう。

 

男性は感染が疑われる時はパートナーと一緒に検査する事が大切です。

 

 

パートナー同士自宅で検査できるキットあります