外陰炎は女性特有の病気です

外陰炎と書いて「がいいんえん」と呼ぶのですが、これは女性のみ限定の病気です。

 

女性器周辺の外陰部(大陰唇、小陰唇、クリトリス、膣前庭、処女膜)に炎症が起きます。

 

 

主な症状としては強い痛みや腫れ、排尿時や性行時に痛みを感じる事もあります。酷くなると足の付け根あたりにまで炎症が広がる事もあり、こうなると痒みが酷くてひっかき傷が出来てしまいます。

 

 

そして慢性化して外陰部の皮膚が分厚くなり、肌の色が茶褐色から白色へと変わる事もあります。

 

痒みが止まらず辛くなる一方なので、早めの対処が望ましいです。

 

 

外陰炎の原因は細菌やカビ、ウィルスなどの感染、不衛生にしている事も原因の1つになります。

 

 

性器の外側部分に細菌やウィルス、カビなどの病原菌が感染したり、膣からの分泌物であるおりものの刺激を受けて炎症を起こす事もあります。

 

 

便、尿、生理時の出血で不潔になり炎症を起こすケースもあるので、不衛生にしておくのは良くありません。では常に清潔に心がければ外陰炎にならないのでしょうか。女性の場合陰部の臭いを気にして、清潔にし過ぎる事があります。

 

 

石鹸でゴシゴシ洗う、ウォシュレットのビデ機能を常に使う、携帯用のビデ洗浄液を良く使うなど。これらは決して良いとは言えません。

 

 

この場合必要な菌まで流れてしまい、結果として悪い菌に感染しやすくなります。外陰の粘膜は特に薄いので、皮膚や粘膜のガード機能を果たす細胞膜が剥がれてしまう事もあります。

 

 

 

結果的に外陰炎になりやすい性器になってしまう恐れがあるのです。衛生面として気を付けてほしいのは、下着や洋服のチョイスです。下着はなるべく綿で通気性が良いものを選びましょう。

 

 

彼氏を喜ばせようとして、ポリエステル100%の通気性の悪い小さなショーツばかり着けていませんか?

 

 

ズボン選びですが、ピタピタのジーパンばかり履くのもいけません。レギパンも問題です。通気性が悪いとウイルスが繁殖しやすくなりますので、気を付けて下さい。

 

 

おりものが気持ち悪いからと言って、おりものシートを常に使っている人。そのおりものシートは肌に優しいでしょうか。おりものシートのせいで蒸れが加速する場合もありま
すので、かぶれやすい人はおりものシートをつけずショーツをこまめに変えるか、布製のおりものシートを試してみて下さい。

 

 

 

ちょっと盲点ですが、洗濯洗剤の残留による肌トラブルも結構あります。そしてこれが外陰炎を引き起こしている事もあるのです。

 

 

更には過激なセックスや過度なマスターベーションも外陰部に傷を作ってしまい、そこから炎症を起こしてしまいます。しかしこれらは個人差があり、いくら気を付けても外陰炎を繰り返してしまう女性がいます。逆に結構不衛生に見えて(失礼ですが)膣外炎にならず、健康的な生活を送っている女性もいます。その違いこそ様々であるものの、抵抗力の違いが大きい様です。

 

 

 

正常な月経周期を持つ健康的な女性の場合、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの影響で、細菌に対する抵抗力は十分ついています。ですから簡単には炎症がおこらないのです。

 

 

 

しかし妊婦さんや病気を患っている人、体調が悪く抵抗力が落ちている人には、外陰部の抵抗力が少なく炎症が起こってしまいます。

 

 

外陰炎の可能性を感じた場合、まず検査をする事です。保健所で外陰炎の検査は出来ませんし、自宅で外陰炎のみを検査できる検査キットはまずありません。

 

 

速やかに病院で検査する事をお勧めします。

 

 

婦人科か性病科で検査して下さい。そして検査の際外陰部だけの痒みなのか、それともウィルスによる感染なのか、これをしっかり調べる必要があります。

 

 

ウィルスによる感染の場合、性器クラミジア感染症膣トリコモナス症性器カンジダ症性器ヘルペス

 

 

 

これらの性病も伴っている可能性があります。ヘルペスが原因の場合、外陰部に小さな水ぶくれも出来る筈です。痛みと痒みも激しいと思います。トリコモナスの場合は泡状で悪臭のあるおりものが出る事が多いです。

 

 

同時に外陰部も腫れ、痛みや痒みを伴います。この様な症状も併用していた場合上記4つのうちの性病にも感染している可能性がありますから、早急に検査して治療しましょう。

 

 

 

真菌性のものなら、カンジダ膣外陰炎という疾患名がつくと思います。この場合も医師の指示に従い、抗炎症薬の軟膏などを処方してもらって治療して下さい。

 

 

場合によっては内服薬や膣錠での治療になるかもしれません。どちらにしても自分の都合で治療を止めず、完治するまで治療しましょう。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ