エイズになったらどうなるの?

性病と聞いてぱっと思いつくのは、やはりエイズでしょう。

 

未だに「エイズ=死」という認識を持っている人もいますし、どうしてもエイズは不治の病だというイメージが強いです。

 

この事からエイズという言葉だけでもタブーという雰囲気があって、更に性行為で感染する事が多いですから、エイズに感染している人を差別してしまう事も少なくありません。

 

ちょっと余談ですが、エイズとHIVの違いをご存じですか?まずHIVですが、「エイズウイルス」の事を指します。

 

正式には「ヒト免疫不全ウイルス」といい、HIVはウイルス自体なのです。

 

HIV感染者とは、エイズウイルスに感染しているけれど発症していない状態の事を言います。

 

発症しなければエイズ患者ではなく、薬の服用を習慣化するだけで特に生活は変わりません。

 

 

次にエイズですが、日本名で「後天性免疫不全症候群」と言います。後天性という事は生まれた後にとなるので、生まれた後に抵抗力や免疫力が機能しなくなり、そのせいで病気になってしまう事です。

 

 

つまりHIVウイルスに感染して免疫が機能しなくなり、それによって病気が発症した状態の事を言います。HIVに感染して免疫力が下がると、普通の人ならまずかからない病気や、何てことのない病気に侵されてしまいます。

 

 

現在エイズ指標疾患として23種類指定されているのですが、その中の病気に1つ以上かかったら「エイズを発症した」とされます。

 

 

まず、あなたがHIVに感染したとします。感染源の多くは性行為だと思って下さい。

 

 

母子感染や注射器も感染源の1つですが、最近は主に性行為が感染源です。血液や精液、窒分泌液などに含まれるHIVウイルスは、傷口から粘膜や血管の中へ侵入します。そして感染してしまうのです。HIVに感染した事実を知らず、そのまま過ごしたらどうなるのでしょうか?

 

 

HIVウイルスに感染したまま治療しなかったらどうなるの?

感染初期:感染して2〜4週間で発熱や喉の痛み、だるさ、筋肉痛といった症状が出る場合があります。インフルエンザと似た症状です。

 

無症状期:初期の症状は数週間でなくなり、症状がない期間が数年〜10年程続きます。但し期間には個人差があり、1〜2年以内にエイズを発症する場合や、長期間発症しない場合もあります。そしてどちらの場合も、免疫力は少しずつ低下していきます。

 

エイズ発症期:免疫力が更に低下し、下痢や寝汗、急な体重減少などがおきます。そして様々な病気を引き起こします。こられの病気がエイズ指標疾患に当てはまると、エイズ発症と診断されます。まず有り得ませんが、診断されても治療しなかった場合、食べ物を食べられなくなって痩せ細っていって、ついには死に至ります。昔は肺炎が悪化して死に至るケースが多かった様です。

 

何度も述べますが、上記はHIV感染に気付かず治療を行わなかった場合の流れです。

 

 

現在では治療法が進化しています。HIVに感染しても、エイズ発症を抑える事が出来る様になっているのです。この様な人達を「キャリア」と呼び、必ずしも病人という訳ではなく、このままエイズを発症せず一生を終える事も可能となっています。

 

 

では次に、もし自分がHIVに感染したと分かったらどうすれば良いのか、エイズを発症してしまったらどうすれば良いのか、考えていきましょう。

 

発祥してしまったらどうすればいいの?

もし早期に検査を受けて早期発見が出来れば、その分早くから適切な治療を受ける事が出来ます。HIVに感染した時点で発見できれば、身体の中にあるHIVウイルスを完全に取り除く事は不可能にしろ、体内にいるHIVの増殖を抑えて免疫力を維持する事が可能です。

 

 

エイズを発症せず一生を送る事も不可能ではないのです。次にエイズを発症したとしても、薬を飲み続けるなど適切な治療を継続する事で、普段通りの生活を送る事が出来ます。子供を安全に出産する事だって可能なのです。

 

 

しかしエイズ発症後の治療については、発症前に比べると難しくなります。より高い治療効果を得る為には、とにかく早期発見です。

 

 

HIV感染を早期に発見して、早期治療につなげる事が重要となるのです。各自治体の保健所では無料で検査していますし、どうしても人に見られたくないのなら検査キットという手段もあります。

 

 

治療に用いる薬ですが、ちょっと昔は数種類の薬を頑張って飲んでいた光景を目にしました。しかし最近は薬も進歩して、1粒飲むだけで大丈夫という場合もあります。確実に昔と違ってきています。それでも日本は先進国でありながら、唯一エイズ患者が増加している国です。

 

 

控えめなお国柄のせいか、どうしても検査を躊躇してしまう様です。そのせいで医療現場では、多くの患者が“いきなりエイズ”を発症しています。つまりHIV感染と診断された時は、すでにエイズを発症して病気が進行しているのです。これでは治療が長引いたり、思わしい効果を得る事が出来ず後悔する事となります。

 

 

未だHIV予防ワクチンが開発されず、治癒という道筋も出来ていないのが現状ですから、まずHIV感染しない様に正しい知識を持って予防する事が一番大切です。そして定期的な検査など、適切な行動を取りましょう。

 

 

自宅で簡単検査はコチラ