不妊で悩んでいる人は意外と多くみえます

不妊に悩むカップルは年々増加しており、これからの社会において深刻な問題となっています。

 

結婚して新婚生活も満喫したし、そろそろ赤ちゃんを作ろうかと気軽に考える夫婦。

 

しかしいざ避妊せず性生活を送っても、一向に子供が出来ない現状に直面します。「小作りに励んで1年以上経ちますが、まだ子供が出来ません。

 

 

そろそろ不妊症かどうか検査した方が良いのでしょうか?」そう聞くカップルは多いそうです。

 

 

しかしこの時点でもうとっくに不妊症だと言って良いでしょう。一般的な意見ですが、子供を作るつもりで避妊をせず性生活を送っていれば、大体半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠すると言われています。

 

 

「避妊やめたら思いのほかすぐ妊娠した」「避妊していないと、すぐに次の子が出来るから対策しないと」というのが実は自然なのです。

 

 

ですから本人達がそう思っていなくても実は不妊症であるカップルは多く、子供を望む健康的なカップルが避妊せず性交渉を一定期間続け、それでも妊娠に至らない場合不妊症という診断名がつきます。

 

 

 

不妊症の診断をされたカップルは、数多くの困難と向き合う事になります。というのも、長く続ければかならず妊娠するという補償が一切ないからです。

 

 

30代になると妊娠できる確率は徐々に減少し、35歳を過ぎると更に確率が低くなります。40代でも50代でも妊娠出来る可能性はありますが、低くなる事は事実です。そしてもし妊娠出来たとしても、出産や子育てが大変となる事は目に見えています。

 

 

 

自分達の体力は下がりますし、自分達が歳を取ればおのずと自分の両親も歳を取ります。

 

 

赤ちゃんをちょっと母に預けてお買い物・・・と自分は考えても、おばあちゃんにあたるあなたの母は、少しの子守りが限界かもしれません。子供の成長と真逆で大人は歳をとっていくのが世の中の自然な流れなのです。

 

次は不妊症の原因について考えていきましょう。

女性であれば子宮や卵巣、卵管など部位によって違った原因があります。

 

勿論不妊症は女性のみが原因という訳ではないので、男性陣はその事を良く理解して下さい。不妊症に悩むカップルのうち、女性は周囲からの偏見や差別的な態度に悩む事が多いです。

 

 

 

子供を産めないなんて女としての意味がないなどと、ののしられる事もあるそうです。鬱やノイローゼに陥る事もあり、深刻な状況に追い込まれます。しかし、もしかしたら不妊の原因が男性側にあるかもしれないのです。それが不妊検査ではっきりしますから、不妊症を疑ったら早めに検査する事が大切なのです。

 

 

男性の場合、精子の数が少ない、運動率が低い、ED(勃起不全)などが挙げられます。

 

 

男女共にそれぞれの原因が原因不明(機能性不妊)という事もありますが、一方で最近増加しているのが性病による不妊です。性病にかかった経験がある、又は性病にかかっている為に不妊であるケースが年々増加しており、深刻化しています。

 

 

不妊症を招く性病として真っ先に挙げられるのが「クラミジア」です。

 

 

女性の感染者が増加しており、15〜20歳代では女性が男性の約2倍となっています。女性が感染した場合には、ほとんど自覚症状がない事が特徴的です。
症状があったとしてもおりものが多少増えたり不正出血がある程度ですから、感染に気付かない人の方が多いくらいです。

 

 

ではこのまま放置しておいて良いのでしょうか?答えはNOです。放置してしまうと、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎などを引き起こす可能性が高まります。

 

 

そしの後卵管が詰まって不妊症や子宮外妊娠、流産に繋がりやすくなってしまうのです。「淋病」も不妊に繋がる危険性が大きいです。女性の場合、淋病に感染しても症状か軽くて気づかなかったり、全く症状が出ない事もあります。

 

 

 

しかし淋病を治療せずそのまま放置していると、感染が子宮の奥や卵管まで及びます。そして子宮頸管炎や卵管炎、子宮内膜炎などを引き起こし、不妊に繋がるのです。男性が淋病に感染し治療せず放置した場合は、精巣上体炎を起こして無精子症となり不妊の原因になる事があります。

 

 

 

性感染症の中でも古くから知られている「梅毒」は、近年も若い世代を中心に感染が広がっています。

 

 

妊娠中に梅毒に感染すると、胎盤を通じて胎児にも感染し、最悪死産となります。無事出産できたとしても乳幼児期は発育不良で、発疹や呼吸困難・麻痺などの症状が現れます。不妊とは少しずれましたが、梅毒も妊娠に悪影響を及ぼす事では同じです。妊娠したら定期健診をしっかり受けましょう。

 

 

 

不妊の原因の1つである性病は、予防できる病気です。コンドームの正しい着用、不特定多数の相手との性行為を避けるなど、自己管理をしっかり行う事が大切です。

 

 

万が一性病に感染した可能性を疑ったのなら、速やかに性病検査をしましょう。陽性なら正しい治療を行い、必ず医師から「治癒」の宣言があるまで治療を続ける事です。性病治療を自己判断で止めてしまうと、基本的な問題は何も解決していない事になります。

 

 

 

よって不妊症は解消されません。軽い性病で不妊まではいっていなかったのに、治療をサボったせいで不妊症を招く事態になれば取返しがつきません。この問題は将来を大きく変える出来事ですから、たかがSEXと軽い気持ちで楽しむ事は止めるべきだという事です。

 

 

自宅で性病検査はコチラ