陰部伝染性軟属腫の事を説明します

陰部伝染性軟属腫。あまり聞きなれない名前ですが、俗にいう「水イボ」です。

 

原因はボックスウイルスの一種である伝染性軟属腫ウイルスであり、多くは幼児から小学生低学年くらいによくみられる病気です。

 

私は子供の頃、夏にお腹周辺に水いぼが出来て、母が見つけて皮膚科に行きました。

 

 

集団で入るプールが原因だった様で、ピンセットで水いぼをつままれてすっごく嫌な思いをした記憶が鮮明に残っています。痛くて怖くて泣きじゃくって、今でもピンセットを見るとあの時の思い出が蘇ってきます。

 

 

 

数日間はプールに入れず、この時期は幼稚園でも一人で遊んでいました。陰部伝染性軟属腫とは、この水いぼが男性の生殖器にできます。性行為によって感染し、生殖器に白く濁ったぶつぶつが出来ます。

 

 

ちょっと赤みがかったり、ピンク色に近かったりもします。他にも、中に水が入った様にツルッとしていて、触ると柔らかいものもあります。大きくなると中央に窪みが出来る様になります。性行為の他にも、稀ですがバスタオルやバススポンジなどからも感染するという事例が報告されています。

 

 

大人の場合ほとんどが性行為によって感染するので、陰部伝染性軟属腫は性病とされています。

 

 

感染すると潜伏期間を経て水イボを発症するのですが、その潜伏期間は2週間〜7週間位とアバウトです。更に長い人では半年の潜伏期間があるとされており、これらも感染が広がる理由の1つです。

 

 

水イボに痒みはあるのか、掻き毟ってしまわないか気になるところですが、水いぼ自体は痒みはありません。しかしイボの周囲が赤くなり、カサカサして痒みを伴う事があります。これを軟属腫反応といいます。

 

 

 

特にアトピー性皮膚炎など皮膚が乾燥してバリア機能が低下していると、水いぼが出来やすくなります。
触って水いぼが破れるとウイルスがばら撒かれ、新しい水いぼの原因となります。

 

 

更に掻き毟ってしまえば、二次的にとびひを併発してしまう事もあります。陰部だと特にパンツなどで蒸れますから、痒みが生じるかもしれません。掻き毟らず病院へ行く事をお勧めします。特に陰部伝染性軟属腫は、感染力こそ強いものの痛みや発熱といった症状は皆無です。この点も、感染が広まる原因だと懸念されます。

 

 

 

水イボの数も気になりますが、これも個人差がある様です。1個や2個という単発での発生はあまりなく、10個前後は発生する事が多いです。やはり引っ掻いたり自然に潰れたりして、増えてしまうのでしょう。早めの対応が望まれます。

 

 

私が子供の頃、水イボを治療する際、先生は非常に迷っていました。「このまま自然治癒する事もありますが、どうしますか?」と母親に聞いていて、私はとっさに「何もしないで!」と泣き叫んだ事を覚えています。

 

 

しかしその思いは非情にも届かず、母は「潰して下さい」と冷静に言い放ちました。その時、正直母親が悪魔に見えましたね(笑)

 

 

この様に、水イボは必ずしも治療が必要という訳ではありません。医者によっては、治療を行わず自然治癒に任せる場合もあります。但し、皆が自然治癒するとは限りません。

 

 

他の人に移す可能性のある人、水イボが増加している人、HIV感染者、アトピー性皮膚炎のある人などは、治療が必要です。

 

 

そして陰部伝染性軟属腫、いわゆる性器の水イボの場合は性行為で移る可能性がありますから、基本的に治療が必要となります。自然治癒に任せようと安易な考えは捨てましょうね。

 

 

治療方法ですが、一般的には専用のピンセットで1つずつイボを摘まんで取る方法を行います。イボが大きい場合は、レーザーで蒸散したり、もしくは液体窒素で凍結療法などを行います。感染したら絶対に他の人との性交渉はやめ、タオルを他の人と共有せず、自分の衣類などは熱湯消毒しましょう。

 

 

そして、自分で勝手にピンセットで潰すなどの行為はやめた方が良いです。陰部伝染性軟属腫は、色や形から真珠様陰茎小丘疹・フォアダイスと似ています。そして尖圭コンジローマにも似ています。勝手に判断せず、早めに医者に相談する方が賢明です。

 

 

ここからは陰部の水イボから離れますが、HIVに感染している人にも水イボが出来る事があります。但し2型の伝染性軟属腫ウイルスが原因である事が多く、子供や大人の水イボとはウイルスの種類が違います。

 

 

HIV感染者に発症するタイプがあるのです。そしてHIV感染者にこの水イボが出来ると、HIVの症状はかなり進行している状態と言えます。

 

 

顔面に出来やすく、非常に悪化しやすいという特徴もあります。普通の水イボだと数ヶ月で治癒するケースが多いのに対し、HIV感染者の場合は治りにくく、数年続く事もあります。

 

 

性病検査キット販売店はコチラ