ピルを使う女性が増えてるって本当?

女性がピルを服用する理由は色々ありますが、その1つに避妊が挙げられます。

 

ピルはエストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンが入っている薬で、身体のホルモンバランスを妊娠中に似た状態にします。

 

そのせいで身体は排卵をしなくなり、避妊効果が期待できるのです。

 

ピルは避妊のみを目的として使用される訳ではなく、例えば※月経に伴う生理痛や月経量の調節、月経不順や貧血の改善。※ホルモンバランスによるニキビの改善、多毛症の改善。※排卵を抑制する事による卵巣嚢腫や子宮外妊娠の減少。※子宮体ガンのリスク低下。なども挙げられます。

 

 

どちらにしてもピルの服用は医師の診察が必要不可欠ですので、産婦人科などを受診して医師に処方箋を発行してもらう事となります。

 

 

その際、医師から必ずといっていいほど説明されるのがピルによる副作用です。

 

 

個人差があるものの、ピル服用によって身体への影響が出る場合があります。あまりにひどい副作用だと、ピルの常用は無理かもしれません。

 

 

ピルを飲んだ経験のある人に多く見られる副作用の1つに、吐き気やムカつき、頭痛、むくみ、乳房の痛みなどが挙げられます。

 

 

これは妊娠初期に似た症状が起こっていると考えられ、ピルの服用によって体内のホルモン環境が変わり、身体が新しいホルモンに慣れるまでの間に起こると考えられます。一時的なものですが、長く続く場合は医師の診察が必要です。

 

 

同じくホルモンバランスの変化による鬱も危惧されています。妊娠した女性に多いのが精神的不安定であり、些細な事で落ち込んだり時には鬱状態になってしまいます。

 

 

ピルを服用した事で、妊娠時の精神状態と同様になる可能性があります。不正出血も危惧しなければいけません。

 

 

ホルモンバランスの変化により、子宮内膜が一部剥がれる事があります。

 

そのせいで不正出血が起こる事が考えられます。妊娠中はひどい眠気に襲われる事が多いのですが、ピルを服用する事で妊娠時と同じ位基礎体温が上昇し、そのせいで眠気に悩まされる事がある様です。

 

 

 

血栓症のリスクも危惧した方が良いでしょう。

 

血栓症の発症リスクが、ピルを服用していない場合は1万人に0.3〜0.6人の発症率なのに対し、ピルを服用している場合は1万人に0.9〜1.8人の発症率に上がると言われています。

 

 

 

更に喫煙者がピルを服用した場合のリスクは、非喫煙者に比べ大幅にリスクが高まるという調査結果が出ています。10万人の女性が1年間に死亡するリスクは、ピルほ服用している非喫煙者を「1」とすると、喫煙者は「167」まで上昇するそうです。

 

 

更に喫煙者のピル服用リスクは血栓だけでなく、心筋梗塞のリスクについても言えます。

 

 

ピル服用中の高血圧症の女性は、高血圧症のない女性と比較して3倍程度のリスクがあり、更に喫煙中の女性のリスクは10倍にまで上昇するとされています。近年では脳梗塞の関係性も疑われていて、ピルを使用する喫煙女性は、非喫煙女性の2〜3倍のリスクとなる可能性があります。

 

 

脳出血のリスクも3倍程度まで上昇すると報告されているのです。その為ピル服用に対し、35歳以上で1日に15本以上の喫煙者はピルを服用してはいけない、15本未満の喫煙者も通常はピル服用を推奨できない、35歳未満の喫煙者は一般に使用できる。というガイドラインが設けられています。

 

 

 

少々難しいのでまとめると、特に35歳以上の喫煙者のピル使用は、血栓症や心筋梗塞等のリスクが高まる為できるだけ使用を避けた方が無難。又は喫煙をやめてからピルを服用する。たとえ喫煙していなくても、ピルを服用している人は定期的な身体検査が必要だという事です。

 

 

ピルの副作用でよく耳にするのが「ピル=太る」説です。女性にとって「太る」というキーワードは絶対的にNGであり、ピルで痩せるのならともかく、太るなんて絶対に嫌だと思います。しかしピル自体に太る副作用はないとされています。

 

 

 

では何故「ピルは太る」という説が根強く残っているのでしょうか?ピルの服用によってホルモン状態が変わり、食欲が増進される事がある様です。そして細胞の保水力(浮腫み)が起こります。エストロゲン作用のせいで皮下脂肪がつきやすなり、全体的に丸みを帯びる現象は確かにあるそうです。

 

 

 

しかし食欲が増進するといっても、もうどうしようもない程食べまくりたくなる・・・なんて事はないのです。だって世の中の妊婦さんが皆食べまくって太りまくっている訳ではありませんし、個人差があるものの、お腹だけ出ていて身体は太っていない人だって沢山います。そう、どうしても体質や個人差がありますから、ピル服用=デブになると言い切る事は出来ません。

 

 

 

以上が、ピル服用による身体への影響です。ピル服用についてはネットなどで情報が自由に観覧でき、便利な時代になりました。

 

 

一方で副作用についての話が大げさに説明され、「ピル服用で死亡」などという説明もあります。「ピルの影響で不妊症」という項目もあり、いきなりこのページを開いた人はきっと不安に陥るでしょう。

 

 

 

しかしこの様な事は一切なく、低用量ピルの安全性はしっかり保障されているのです。医師の診断の元処方してもらい、正しい量を服用して飲み忘れや途中放棄などに気を付けましょう。身体で心配事があった時は速やかに受診し、医師の判断に従って下さい。