男性は清潔にしやすいですが、女性は意外と大変なんです

性器を不潔な状態にしたまま放置していると性病になるなんて噂を耳にした事がありますが、これは違います。

 

性病感染の基本は、性行為を行う事で性病に感染している人間の体液(血液や精液、窒分泌液など)が粘膜などから侵入し、感染するものです。

 

ですから、逆に「私は常に清潔を保っているから性病になんかならない」なんて豪語している人がいたら、それは全く信用できないのだと覚えておきましょう。但し、不衛生にしていると雑菌などが原因で性器にかゆみや痛みを伴う炎症を起こす事もあります。

 

 

ですから性器はある程度清潔に保っておく必要性があるのです。特に女性は性器が複雑ですし、おりものや生理の際の出血など、性器周辺が比較的頻繁に湿った環境化にあります。更に複雑な性器のせいで、ひだなどに排便時などに使用したトイレットペーパーのカスが付着してそのまま放置というケースもあります。

 

 

生理の際も同じ様な事がおき、やはり知らないまま過ごしてしまいます。結果、不衛生になって雑菌などが繁殖して炎症に繋がったり、炎症が起きなくても臭いの原因となる場合もあります。

 

 

 

デリケートゾーンが炎症を起こしたり痒み・痛み・臭いが発生すると、気になって日常生活を送るのが困難となり兼ねません。

 

正しい洗い方を覚えて性器を良好な状態に落ち着かせ、安心して日々過ごしたいものです。

 

 

ここからは女性の正しい性器の洗い方について解説していきますが、その前に女性の方、毎日お風呂で身体を洗う際、デリケートゾーンの洗い方に気を付けていますか?YESと答える人は少ないのではないでしょうか。

 

 

生理やおりものが多い日は多少気を使っているとして、通常モードの日に毎回気を付けている人は少ないと思われます。これには賛否両論ありますが、ここではまずそれでOKとします。綺麗好きな人、臭いに敏感な人、彼氏が出来たばかりで日々綺麗にしておきたい人、確かに気になる部位を頻繁に洗いたくなるでしょう。

 

 

しかしこれはこれで逆効果となるのです。膣には膣内の環境を健康に保つ善玉菌が存在するのですが、この善玉菌まで綺麗さっぱり洗い流してしまった場合、悪玉菌が異常発生して不快な臭いが強まる事もあります。他にも、気を使ってゴシゴシ洗いすぎて皮膚トラブルを起こす可能性もあります。陰部は複雑で粘膜も薄いですから、あまりゴシゴシ洗うと出血してしまう事もあります。そこから雑菌が入って臭いが強くなる事もあるのです。

 

 

どうやって洗うの?

では性器の洗い方ですが、まず石鹸を良く泡立てましょう。そして擦らず泡で包む様に優しく洗って下さい。これでは洗った感じがしないと物足りなく思う人は、身体専用のボディーソープではなく、デリケートゾーン専用のソープを使うとより安心です。

 

 

前(膣分部)から後ろ(肛門部分)に向かって、優しく洗う様に心がけましょう。そして洗った後は、ぬるま湯でしっかりすすぐ事が大切です。ひだの隙間に石鹸などが残っていると、残った石鹸カスと分泌物が混ざって嫌臭いや痒み、炎症などに発展します。そして先程洗いすぎに注意と記載しましたが、膣の奥まで石鹸を入れて洗うのも止めましょう。

 

 

やはり善玉菌を洗い流してしまい、膣のバリア機能を低下させてしまう恐れがあります。どうしても膣内を清潔にしたいという場合は、専用の膣内洗浄剤を利用して下さい。しかしこれも使用方法を良く読み、頻繁に使いすぎない様にするべきです。

 

 

とにかく適度に、適当に・・を心掛けるべきです。それでも嫌な臭いが治まらない、強烈な、ワキガの様な臭いがする・・・もしくは玉ねぎの様な、納豆の様な臭いが常にする。もしもこのような悩みを抱えている場合、スソワキガの可能性が高いです。

 

 

専門の病院で相談し、専門の治療を受ける事をお勧めします。ネットなどでは専用のデオドラントスプレーやサプリなど販売していますが、恥ずかしがらず専門医に尋ねる事が一番良い方法です。

 

デリケートな問題ですので女性の医師が担当している事が多いです。まずは調べて問い合わせてみて下さい。他にも、異様な臭いと共に陰部の痒みが酷いとかおりものの状態が変だとか、異変がある場合、性病に感染している可能性があります。

 

 

病院へ行って検査する事をお勧めします。恥ずかしい場合は自宅で性病検査できる検査キットもありますから、是非検査してみて下さい。性器の臭いや痒みなどに多い性病は、トリコモナス膣炎・膣カンジダ症・外陰炎・クラミジア・淋病などです。

 

 

ただでさえデリケートゾーンの臭いなどに敏感な女性ですから、生理の際は更に敏感になるでしょう。あの血生臭い臭い、私も大嫌いです。生理2日目なんかは体調も精神的にも優れないので、どうせなら外出したくないとさえ思います。それでも外出しなければいけない時、そして血生臭い臭いが気になる時。どうすれば良いのでしょうか。

 

 

ちょっと調べてみたのですが、どうやら経血自体は無臭なのだそうです。身体から排出されて空気に触れた瞬間から酸化が始まり、細菌が少しずつ繁殖します。分泌された酵素が血液を分解し、臭いの元を発生させるのです。ですからまずは生理用品(ナプキンなど)をこまめに取り替える事、通気性の良い下着や衣服を身に着ける事。

 

 

これらを心掛けるべきです。生理だからといってやみくもに陰部を洗わない様に!逆に生理だからといってお風呂に入らないという行為は避け、せめてシャワーは浴びましょう。昔は「生理=風呂に入るな」という言い伝え(?)的なものもありましたが、今は違います。

 

適度な清潔を保つ事、あまり臭いにとらわれ過ぎない事、異変を感じたら病院へ。この3点を覚えておいて下さいね。

 

 

自宅で性病検査はコチラ