コンドームは正しく使いましょう

正しく装着しない事や正しい知識を持っていない為に、避妊具としての性能や性感染症防止の効果を発揮できない場合がります。

 

コンドームは精液が膣内に接触する事を防止するだけではなく、粘膜に小さな傷が出来ることも防いでくれますから、結果的に性感染症も防ぐ役割を果たす事が出来ます。

 

自分自身への性感染症を防止するだけではなく、パートナーへの感染も防ぎますから、正確な知識で利用されると良いでしょう。

 

まず射精の前後でも精液は出ています。

 

微量ですが出て行っていますから注意してください。

 

まずコンドームを袋から出す時には、片方の端から袋開けてコンドーム自体に傷がつかないようにしましょう。

 

さらに装着時に裏表を間違えないようにしましょう。

 

裏表を間違えないように亀頭の上に置いたら、空気が入らないように装着していきます。

 

この際に爪があまり長くなっていない事やとがった爪で装着しないようにすると良いでしょう。

 

コンドームを袋から出す時や装着時に爪などで引っかいたりしてコンドームに傷がつかないようにしましょう。

 

装着は、しっかりと下まで下げて装着してから利用します。

 

射精が終わったらすぐに抜くのではなく、ゆっくりと抜いてコンドームが外れないようにすると良いです。私用が終わった物は、生ゴミとして処理します。

 

使用上の注意としては、品質のしっかりしたものを使用しましょう。また使用期限がありますので期限を守って使用してください。

 

古いと破れやすくなります。

 

体質的にアレルギーも出る可能性も否定出来ません。

 

性行為一回につき1個のコンドームを使用して、一個のコンドームを繰り返し使うのは辞めましょう。

 

その他日の当らない所や風通しの良い所、あるいは涼しい所においてください。防虫剤が近くにあると劣化しますので気をつけましょう。

 

財布の中は傷がつきやすいので、バックなどに入れるのをお勧めします。